豊島区BBS会のブログ

非行少年の自立を支援する更生保護ボランティアの日々

10月の定例会を行いました!

 

広報の下枝です。

今日はハロウィンですね。

f:id:nononoo:20181031181820j:plain会員の安斎か作ったハロウィンver.ペンギンです。

10月9日(火) に行いました定例会についてご報告します。

 

 

カフェHahako 見学の報告

m.facebook.com

 

・今後一緒にイベントを企画する話が出た。→10 月中に再訪問。

企画案:工作、料理教室、季節イベント、クイズ大会。

・利用しているお母さんたちは困っていることや愚痴をこぼすだけでも意味がある。それを聞いてあげたり、アドバイスしたりする。BBS 会員も何か得られるようだとよい。

 

今後のイベント ・やりたいこと

・10月23日 少年院運動会

・育成会運動会 10月20日(土)会議、11月3日(土)本番。

・12月16日 板橋区BBS会との合同企画:宿泊提供施設でのクリスマス会 

・第2回ミニ講演会

 

連絡

 ・少年院運動会の参加者募集。

・育成会の運動会の参加者募集。

・クリスマス会の参加者募集。

・カフェhahaco見学の参加者募集。

 

会計の仕事 改善案

・会計内で仕事のやり方を共有

・活動報告を出したら交通費支給

・一律500円

・1か月ごとに清算

・お金渡した人にサインしてもらう

・複数人で確認する

・帳簿、レシートの整理の仕方

 

庶務の仕事確認

・定例会での連絡事項や議題を募集

・レジュメを作成、参加人数分印刷

・池袋のサポートセンターに連絡を取り、会議室のセッティング

 

その他

・報告書はDrive で共有して、皆が見られるようにマニュアルを作る。

 ・広報担当に寺屋も就任し、二人体制にする。 

 

 

次回定例会は 11 月 13(火)の予定です。

更生保護施設の見学に行きました!

広報の下枝です。

今回は10月3日(水)に行いました、施設見学について会員の小島がご報告します。

 

施設の様子

最初に館内を案内していただきました。宿泊可能な更生保護施設 なので、浴室や食堂も備わっていました。屋上から施設の建物を見る と、外から見えないように窓にサッシがあり、これは周囲が住宅他に なっていくなかで配慮をしているという説明をしていただいたのが 印象的でした。

 

施設長のお話

案内が終了したあと、施設長の方に事業内容、処遇内容に ついて説明していただきました。この施設では、犯罪、非行を犯した成 人男性に一定期間の宿泊、食事提供の援助をしています。また、集団 生活のなかで、規則正しい生活と貯蓄等の金銭管理のなどの自立へ 向けた指導、就職支援などを行っています。

お話の中でも薬物関係の 更生支援はとても興味深かったです。そして、時代と共に変わってい く収容者の方との関わりや再就職支援の難しさなど、更生保護施設 としての援助の仕方を学ぶことができました。

今回の見学で更生保護施設の役割をうかがい知ることができ、よ い経験となりました。

 

感想

更正保護施設は厳しく、空気が冷たいイメージがあったのですが、規則を守れなかった場合には厳しく接しつつも、更正を頑張っている人に寄り添う感じが伝わってきて、私の中でイメージが変わってとても驚くことが多かったです。

東京都BBS運動発足70周年記念大会に行ってきました!

広報の下枝です。

今回は、9月1日から2日にわたって国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた、「東京都BBS運動発足70周年記念大会」について会長の本多がご報告します。

 

概要

 東京都BBS連盟主催で2日間にわたり行われました。東京都の各地区会から代表者が数名来ており、全体で参加者は40名ほどでした。

 

1日目

はじめに、東京TSネットの方による講演を聴きました。東京TSネットとは、地域のトラブルに巻き込まれてしまった障害のある人を支援する団体です(HP URL:https://tokyo-ts.net)公演者のご職業は弁護士で、仕事でお会いする依頼者のうち、発達障害精神障害を持つ方の割合や、どのような流れでケースを進めていったのか、などのお話を聴かせていただきました。

その後、青少年の非行と発達障害というテーマでグループディスカッションを行いました。架空事例を元にどのような支援や支援者 と連携していくのがいいのかを話し合いました。会員の専門や経験などを交えながら話が進み、多くの意見を聞くことができました。

 

2日目

前日の懇親会で発表されたグループに分かれ、さらに各グループに出されたテーマについて話し合い、発表をしました。私の班のテーマは「少年と会 話が続かないときにどうするか」。架空の少年を想定し、友達活動で 会った場面でどのような対応をしていくかを話し合いました。 状況を通して自己開示をゆっくりと行い、少年の反応を見つつ共通点を見つけ、そこから話を広げていくという結論になりました。発表は寸劇方式で行いました。 ほかの班も寸劇をはじめとした個性豊かな発表を行っていました。

また懇親 会やその二次会でほかの地区会の人とも交流を深めることができました。板橋BBS とは、定期的に合同で情報交換会を行い、連携を強めていけるようにしたいと話しました。早稲田広域BBSとは、お互いの活動を勉強するという形での交流 、特にお互いの活動に顔を出し合えるように今後していきたいという話ができました。会同士の交流を深めることができて、良い機会になったと思います。

 

「社会を明るくする運動 区民の集い」に参加しました!

 

f:id:nononoo:20180808163908j:plain

今回は7月8日(日)に行われました、「社会を明るくする運動 区民の集い」のお手伝いについて、会員の寺屋がご報告します。

 

 

f:id:nononoo:20180808164856j:plain

今回の社会を明るくする運動」では、大正大学のジャズ研究会と雅楽倶楽部の皆さんに出演していただくため、その案内しました。どちらの団体普段あまり聴くことのないようなジャンルでしたが  、会場を独特の雰囲気で盛り上げてくれました。また、としまテレビの取材も来ていたので、私たちは邪魔にならないように気をつけながら活動していました

 

f:id:nononoo:20180808164926j:plain

その他に、豊島区PRキャラクターのななまるくんとそめふくちゃんと一緒に、来場者の方へのPR活動を行いました。一緒に写真を撮ってくれる方もたくさんいらして、二人ともとても喜んでいました。そこでは、二人が暑さにやられてしまわないように休憩をはさみながらの活動となりました。

 

f:id:nononoo:20180808165002j:plain

 豊島区BBSでは地域の皆さんはもちろん、保護司会や更生保護女性会その他にも豊島区の様々な団体のの方々と協力しあって活動しています。今回のイベントでは、お互いの信頼関係を深めつつ、ともに活動できるありがたさを感じることができました。今後も地域と関わりながらどのような活動ができるのか楽しみです。

7月の定例会を行いました!

広報の下枝です。

今回は、7月19日に行いました定例会についてご報告します。

f:id:nononoo:20180809055024j:plain

 

 

講演会の反省について

・BBSのメールを幹部内で共有。

・メールアドレスをもっと広い意味で使う。

・データの記録をしっかり残しておく。

・次に伝えられるようにする。

 

「海の動物に会いに行こう」参加者募集

・疑問点は会長を通してメールで。

・ちょっと海で活動するかも?

・ほかの会員にも伝える。

 

70周年記念大会の参加者・代議員決め

・3名選出(会長は参加)。

・他の人を探す。いなければ委任状(20日まで)。

・7月22日までに参加予定者決定。

・2日目だけ参加はできない。

・研修会は何名でもよい。

・通う際は一日目のみ交通費が出る。宿泊費は出る。

 

自立支援施設見学の企画

日時:9月16日~22日の間で調整。

人数:10人くらい?

 

映画上映会の連絡

定例会について

・次回からはサポートセンターを使う。

・保護司さんと連絡を取って予定を決 める。

・次回は 月3日~6日の間にやる。

 

今後の運営について

・お金のやりとりについて、細かい確認(活動費、交通費はどうなるのかなど)。

・手続き的なこと、運営の仕方について。

 

今後実現させたいこと

・月一でイベントを開催する。

・他地域のBBS 会と連携したい。→渋谷区、早稲田あたりと連 絡とってみる。

・役職の実働

講演会を開催しました!

今回は6月23日(土)に行いました、豊島区BBS会主催の講演会について、会員の志村がご報告します。

f:id:nononoo:20180808171726j:plain

6月23(土)に豊島区BBS会主催で講演会を行いました。

『更生保護活動と社会教育の視点から考える支援と通じたコミュニティ創出』をタイトルに掲げ、社会教育の専門家である出川真也先生(大正大学地域創生学部教授)と荘司哲夫先生(みらい館大明副館長)のお二人をゲスト講師にお迎えして講演をしていただきました。

 

出川先生の講演では、「社会教育とは」をはじめに、教育方法の捉え方や教育や活動事例を講演および紹介していただきました。

荘司先生の講演では、みらい館大明の紹介や生涯学習施設から社会教育へアプローチすることについて講演していただきました。

 

その後は、講演者、保護監察官、豊島区保護司会、本多会長を中心としたパネルディスカッションが行われました。社会教育について、子ども若者の境やアプローチについて、また子ども・若者課についてそれぞれの視点からお話をしていただきました。

 

今回の講演では、社会教育とはなにか、今を生きる子どもや若者に対しどう教育・アプローチをしていくかを改めて考えさせられる良い機会となりました。様々な立場からの意見や感想をいただける大変貴重で有意義な講演会となりました。

6月の定例会を行いました!

6月5日に行いました定例会の内容についてご報告します。

 

講演会の役職決め 

司会一人

受付二人

会場案内、マイク運び二人(寺屋・志村)

パネルディスカッション司会

あくまで書いてある人数は最低人数です。ある程度なら多くなってもかまいません。

場案内、マイク運びは決まったのですが、受付と司会がいないのでやりたい人はぜひ立候補お願いします。

 

社会を明るくする運動・区民の集い」のチラシ配布

出来上がったチラシを区からいただいたのですが、雅楽の知り合いがいないため、渡 すあてがないので、雅楽の知り合いがいる方は連絡ください。

f:id:nononoo:20180713073621j:plain