豊島区BBS会のブログ

非行少年の自立を支援する更生保護ボランティアの日々

2月の定例会を行いました!

2月12日に行いました定例会について、会員の杉浦がご報告します。

 

 東京鑑別所見学会の振り返り

2月5日に行われた東京鑑別所の振り返りをしました。

集合時間には間に合ったものの、迷った人がいるため、イベントの待ち合わせ場所について話し合いました。BBS以外の学生もいたため、プラカードなどを掲げると良いのではという意見が出ました。

また、鑑別所に連絡を入れる際、学生が直接連絡を取るよりも、顧問の伊藤先生(保護司)を間に挟むほうがスムーズでした。今後の見学会の開催において留意しておく必要がありそうです。

 

鑑別所見学会についての記事はこちら。

toshimabbs.hatenablog.com

 

新年度の役員配置について

次期会長は決定しているので、その他の役職をどうするか話しました。課題として、現状、各部署が機能しているとは思えないため、役職と管轄の見直しが必要です。また、人数が少ないため、現職を集めて再度、会合を開く必要があるということでまとまりました。新入生ガイダンスの日程に合わせ、調整する予定です。

 

新入生加入について

豊島区BBS会はサークル活動ではないため、大学内での勧誘活動に制限があります。今年も所属学部の教授にお願いし、授業内で宣伝させてもらう予定です。チラシはBBS活動を紹介するものと、豊島区BBS会を紹介するものの2種類をまとめて配布します。BBS活動の資料は、法務省で作成しているものをそのまま配布。豊島区BBS会の資料は、広報が作成します。宣伝時にはある程度の人数が必要なので、今年も会員にお手伝いをお願いをすることになります。

 

新年度の見学会の予定

「少年の処遇を追っていくツアー」として、家庭裁判所、少年院、鑑別所を年内に見学して回るという案が出ています。内容は主に裁判傍聴と施設見学。少年院、刑務所見学は手続きが煩瑣なため、実現するには時間がかかる見込みです。新入生にとって刺激が強いので後に回した方がいいという意見もありました。

また、同席されていた保護司の方から大麻や薬物の展示をしている都立薬用植物園について教えていただきました。

最初の見学会は5月の終わりから6月初旬で実施予定です。

 

カフェhahaco について

豊島区BBS会とカフェhahaco さんの共同企画について話し合いました。大学生の支援の形として、母と子の間に入って、子供の遊び相手や母親の話し相手になることが求められています。また、豊島区BBS会の会員には乳幼児とその親に関わりたいという声が多く、両者の希望がマッチングするよう現在企画中です。企画案をブラッシュアップして、2月20日にhahacoさんに提案させていただきます。

 

カフェhahaco さんについて。

www.facebook.com

 

東京少年鑑別所の見学に行きました!

今回は 2 月5日(火)に行いました、鑑別所見学について会員の松下がご報告いたします。

職員さんのお話

最初に職員の方に、鑑別所の役割や処遇内容について説明していただきました。 少年鑑別所は全国に 52 か所あり、東京都には東京少年鑑別所と、八王子少年鑑別所があり ます。 鑑別所の役割は、家庭裁判所の求めに応じて鑑別を行うこと、収容している者に対して観護 処遇を行うこと、地域社会における非行や犯罪の防止に関する援助を行うことを目的とし ています。 職員は、少年の指導・教育を行う法務教官、鑑別面接や心理検査を行う法務技官(心理)のほか、精神科医など が所属しています。法務技官(心理)は心理技官と呼ばれています。

東京少年鑑別所は犯罪が多かった時期(昭和 35 年頃)は年間に 8000 人ほど収容されてい たが、最近の入所者数は年間 800 人前後で、平成 29 年では 656 人でした。 少年が収容される期間は平均で 3 週間~4 週間程度であり、その間に心理検査、運動、面会、 学習、日記の記入などをしています。 東京少年鑑別所の入所者の内訳は、男子は窃盗、傷害、恐喝が多く、女子は覚せい剤、ぐ犯 が多いそうです。最近の傾向としては、詐欺が増え続けています。

鑑別所内見学 

お話のあとに少年が収容されていた寮とねりま青少年心理相談室を見学しました。現在少年が収容されていない棟があったので、実際の寮舎を見学させていただきました。寮の個室の部屋は3畳ほどで あり、布団やトイレ、テレビなどが置いてありました。廊下には、入所者の俳句やちぎり絵 などの作品が飾られていました。 心理相談室では、非行や犯罪に関する問題について本人や家族、学校の先生などから無料で 相談に応じています。心理相談室は、相談者が訪れやすいように、鑑別所とは別の門から入 れるようになっていました。

感想 

普段見ることや聞くことのできない貴重な体験をさせてもらいました。過去のデータを分 析し、現在の収容状況や人数などと比較しながら、実情を教えていただきました。これはな かなか聞けない内容だったと思います。 鑑別所職員の役割や仕事内容で初めて知る点が多くありました。その中で地域援助の業務 として、ねりま少年相談室の存在は多くの住民に認知してもらう必要があると感じました。

 

ねりま青少年心理相談室について。

www.moj.go.jp

1月の定例会を行いました!

新年、明けましておめでとうございます。広報の寺屋です。1月8日(火)に行われた、2019年初定例会のご報告です!!

f:id:nononoo:20190118145640j:plain

定例会の様子。

 

 

1.クリスマス会の報告(感想)

・施設にいる人たちも楽しんでくれた。これからもBBS会でできることがあればどんどんやっていきたい。

施設の人たちと話ができてよかった。今までの集大成のような会だった。

・昨年の反省を改善できた部分があって良かった。次回に向けた反省点も出たので、来年はより良くしていきたい。

 

2.今後の活動予定

カフェhahacoさんと何か一緒に活動できないか案を出し合いました。近いうちに実現させたいです。

鑑別所見学の企画も行いました。大正大学の先生へ協力をお願することの確認をしたり、日時や参加者の確認を行いました。

 

3.今年度決算と予算書の確認

活動費の支給と、来年の予算について話し合いました。

 

4.その他

大学の春休み中も皆で集まって話せるように定例会を開く予定です。来年度計画や、新入会員勧誘の企画などを行っていきます。また、泊りでどこか遠方の施設見学などを計画中です。

 

新年早々やりたいこと、やらなくてはならないことがたくさん出てきました。これからも長く活動するために、しっかり話し合っていきたいですね。会員の皆さんも報告書などを見て詳細はしっかり確認してください。

12月の定例会を行いました!

こんにちは!広報の寺屋です。 クリスマスも近づいた中、12 月定例会のご報告です。

 1.板橋区 BBS 会さんと合同イベントの確認

福祉施設で行うクリスマス会の準備の進行状況を確認しました。特にケーキの具材をなににするのかを考えまし た。

2.見学会計画 

現在少年院や裁判所などの施設見学を計画しています。そこで、今後どのような施設にいつ行くのか話し合いま した。

~先生に確認した内容~

.今から申し込みをしても年度内に行けるかどうか。見学者の多いところは 2、3 ヶ月先になる。 

.裁判所は比較的行きやすい。見学やビデオ視聴などがある。中央裁判所は申し込みをしておくと、見学やツアーなどある。詳細はホームページへ。

.第 2 弁護士会では、見学ではないが話をしてくれるかもしれない。

 .公認心理師のカリキュラムの関係で都内はどこも申し込みがいっぱいなので、夏休みに一泊で行くのも良いのではないか。

.先生もいくつか施設を知っているが、臨床心理学科の実習で優先するかもしれない。

.司法関係に限らず、幅広く考えてもよいのではないか。

.施設によるが、1 回に 15~20 人、2 時間半程度。BBS 内で集まらない場合は臨床心理学科の人にも声をかける。

※施設見学を企画する場合、段取りなどは先生に確認する。場合によっては初めの連絡を先生にお願いしてもよ い。

~BBS 会員の意見~

.まず、年度内に鑑別所の見学を企画できるように先生にお願いする。2 月上旬か 3 月で調整。 

・次年度以降は年間で司法、福祉、医療など様々な領域の見学もかんがえてはどうか。

3.その他

10 月・11 月分の返金 

今季決算の確認

 

今年最後の定例会、会員の皆さんお疲れさまでした。協力いただいた先生もありがとうございました。会員の皆 さんは、来年に向けてしっかりと確認しておきましょう!

クリスマス会の打ち合わせを行いました

副会長の及川です。12月に板橋区BBS会と合同で、宿所提供施設でのクリスマス会を行います。

11/10(土)施設に伺い、打ち合わせを行ってきました。 昨年初めて行った企画。やってみて色々と反省点・改善点が見えました。そ れらを踏まえて、内容はそのままに改善して行うことになりました。

当日のプログラム

プログラムは、子どもや大人みんなでクリスマスソングを歌い、リース作り、ケーキのデコレーションをしていただきます。最後は子どもたちとゲームをして、サンタさんからプレゼントを渡します!

改善点と改善案は?

小さなお子さんも簡単に、楽しくリースやケーキを作るにはこんな工夫をしたら良いのでは?安全にゲームを楽しむにはこうしたらどうだろう?次のプログラム準備の合間も飽きないものがあるといいよね!大人も楽しめる選曲は?などなど... 流れや動き、担当者を決め、当日スムーズに進行できるようにと確認し合い ました。

今後について

大方のことは決まり、あとは担当チームごとに詳細を詰めて、事前準備を進めていきます!

さて、クリスマス会当日はどうなるでしょう?

10月の定例会を行いました!

 

広報の下枝です。

今日はハロウィンですね。

f:id:nononoo:20181031181820j:plain会員の安斎か作ったハロウィンver.ペンギンです。

10月9日(火) に行いました定例会についてご報告します。

 

 

カフェHahako 見学の報告

m.facebook.com

 

・今後一緒にイベントを企画する話が出た。→10 月中に再訪問。

企画案:工作、料理教室、季節イベント、クイズ大会。

・利用しているお母さんたちは困っていることや愚痴をこぼすだけでも意味がある。それを聞いてあげたり、アドバイスしたりする。BBS 会員も何か得られるようだとよい。

 

今後のイベント ・やりたいこと

・10月23日 少年院運動会

・育成会運動会 10月20日(土)会議、11月3日(土)本番。

・12月16日 板橋区BBS会との合同企画:宿泊提供施設でのクリスマス会 

・第2回ミニ講演会

 

連絡

 ・少年院運動会の参加者募集。

・育成会の運動会の参加者募集。

・クリスマス会の参加者募集。

・カフェhahaco見学の参加者募集。

 

会計の仕事 改善案

・会計内で仕事のやり方を共有

・活動報告を出したら交通費支給

・一律500円

・1か月ごとに清算

・お金渡した人にサインしてもらう

・複数人で確認する

・帳簿、レシートの整理の仕方

 

庶務の仕事確認

・定例会での連絡事項や議題を募集

・レジュメを作成、参加人数分印刷

・池袋のサポートセンターに連絡を取り、会議室のセッティング

 

その他

・報告書はDrive で共有して、皆が見られるようにマニュアルを作る。

 ・広報担当に寺屋も就任し、二人体制にする。 

 

 

次回定例会は 11 月 13(火)の予定です。

更生保護施設の見学に行きました!

広報の下枝です。

今回は10月3日(水)に行いました、施設見学について会員の小島がご報告します。

 

施設の様子

最初に館内を案内していただきました。宿泊可能な更生保護施設 なので、浴室や食堂も備わっていました。屋上から施設の建物を見る と、外から見えないように窓にサッシがあり、これは周囲が住宅他に なっていくなかで配慮をしているという説明をしていただいたのが 印象的でした。

 

施設長のお話

案内が終了したあと、施設長の方に事業内容、処遇内容に ついて説明していただきました。この施設では、犯罪、非行を犯した成 人男性に一定期間の宿泊、食事提供の援助をしています。また、集団 生活のなかで、規則正しい生活と貯蓄等の金銭管理のなどの自立へ 向けた指導、就職支援などを行っています。

お話の中でも薬物関係の 更生支援はとても興味深かったです。そして、時代と共に変わってい く収容者の方との関わりや再就職支援の難しさなど、更生保護施設 としての援助の仕方を学ぶことができました。

今回の見学で更生保護施設の役割をうかがい知ることができ、よ い経験となりました。

 

感想

更正保護施設は厳しく、空気が冷たいイメージがあったのですが、規則を守れなかった場合には厳しく接しつつも、更正を頑張っている人に寄り添う感じが伝わってきて、私の中でイメージが変わってとても驚くことが多かったです。